サービス紹介

火災保険比較見積サービスとは

火災保険の見積に必要な情報に関して、(物件の情報や希望する補償のタイプ、補償内容)を入力(約5分)することでで、リアルタイム(約10秒)に複数社の保険料や特約・割引等比較見積することができるサービスです。

入力された内容(履歴情報)は、自動的に顧客統合管理システムに顧客毎・時系列で蓄積されるため、本サービスを利用する保険代理店様は顧客の初期意向から最終意向にわたる意向の変化をいつでも参照することができます。
本サービスは各保険会社様のご協力により、弊社サーバと各保険会社様の保険料試算エンジンをネットワーク接続しており、保険料や付帯される特約・割増引の情報が保険会社様試算エンジンよりリアルタイムで応答されるInsurTechサービスです。
建物・家財それぞれの保険金額を100万円単位で設定することができる比較見積サービスを実現しています。

商品改定対応などのメンテナンスは弊社が行い、始期日によるコントロールを行いますので、常に最新の商品情報に基づくサービスを利用することが可能です。インターネット接続環境をご用意いただければ手軽にスタートでき、サーバ機材の準備などの大規模なシステム投資は不要です。

※比較見積における各社商品の比較表示については、各保険会社との交渉ならびに募集文書審査が必要です。本サービスご利用代理店にて個別に受審を頂く必要があります。

※比較可能な保険会社の数は、利用代理店様が委託契約を締結されており、かつ弊社システムとのネットワーク接続が運用されている保険会社様のみとなります。

InsurTechサービスとは:保険×テクノロジーにおいて、保険(Insurance)とテクノロジー(Technology)の頭文字をとって「Insurtech(インシュアテック)」といいます。

このサービスに求められる背景

① 保険業法改正における「比較推奨販売義務」の遵守

保険代理店自らが「ベスト・プラクティス」を目指す必要性を再認識して、体制整備を万全にする必要があります。損害保険、特に自動車保険については、お客様意向に対する商品の細分化は難しく、乗合代理店では複数商品を比較販売するシーンが数多くみられます。しかしながら比較推奨販売の実行には「担当者による得意・不得意商品の偏り」「複数社比較見積の煩雑さ」「同一条件での比較見積の困難さ」等の課題があり、稼働や教育稼働の観点から自動車保険の増収を目指すには人的リソースの拡大が必要でした。これらの課題解決に本サービスが寄与します。また見積履歴も自動保存されるため、意向把握義務の実践にも対応します。

② 保険募集における「サービス力・提案力」の強化

2017年1月19日に金融庁から「顧客本位の業務運営に関する原則」が発表されました。これにより、金融商品・サービスの販売・推奨時には、重要な情報をお客様が認識・理解できるよう、分かりやすくお伝えすることが金融機関たる保険代理店にもいっそう求められるものと弊社は考えます。弊社のASPサービスは、保険料だけではなくサービスの異なる各社の特約割増引の一覧表示やそれぞれの解説が可能であり、代理店のサービス力・提案力を強化することができます。

③ 保険代理店における「働き方」改革

お客様のご意向に沿った複数社の比較推奨を実行する場合、募集人の見積作成作業における稼働の増加が容易に想定されます。増える稼働に対して「働き方改革」をいかに実現していくのか?その解決策として弊社のASPサービスを選択いただく企業様が増えております。働き方改革を実行し、募集人の稼働を軽減することで、「サービス性を向上しつつ、募集人が健全に業務を全うする」ことができ、業務品質を向上することができます。

例)通常1社の見積を行うのに(約5分~10分)、4社見積なら(約20分~40分)の時間をかけて、募集人が各社の見積をされているものと考えております。それを1度の入力で比較見積できるこのサービスは稼働削減の大きな武器になります。

比較見積時の3つの特徴

本ASPサービスにおいては、お客様のご意向に沿った商品の「比較」を実現するために「比較の条件を一律で揃える」ため下記のロジックをシステム実装しております。
各保険会社様の商品改訂に合わせて随時メンテナンスしております。
<スクリーニングロジック>
お引き受けできない条件の場合は
見積しない

保険会社ごとに存在するお引き受け出来ない条件が入力された場合、スクリーニングを行うことで比較結果画面に表示をしません。

<各社商品の違いを吸収>
お客様にとって
最も有利な条件を採用

保険料の選定に必要な「建物の価値」「補償の内容」などは保険会社毎に異なります。顧客や募集人様が各社の商品内容を意識せずとも「正しい比較」が行えるよう入力条件を、弊社ロジックにて各保険商品の選択値に最適に変換し、最も有利な条件で見積を行います。

<提案機会の最大化>
お客様が要望される補償内容を
可能な限り反映

保険会社によってはお客様が要望する補償内容そのものが商品の選択肢に存在しない場合があります。この場合、お客様が希望する補償内容が縮小しない範囲で最も近いお引き受け条件に変更して見積を実施します。これによりお客様に対して最大限の提案機会をご提供します。
(補償内容が縮小されるような条件の変更は行いません。またこのロジックが反映された場合、比較見積画面の該当箇所を赤字表示することで変更箇所がわかるようにしております)

サービスラインナップ

本サービスは個別ヒアリングの上、お客様の簿要望にあわせたFIT&GAP分析を行い、コンサルティングの結果により、お見積をお出しするサービスです。ご用命の際は、お問い合わせフォームよりお気軽にご質問ください。

導入事例

準備中

ASPサービスのご紹介

「PRコンサルタント」として活躍中の藤森もも子さんに弊社ASPサービスについてインタビューしてもらいました。

※音声が流れます(音量注意)